留学生の祭、IFFに迫る!

こんにちは!
北大祭事務局の竹生です。
北大祭まであと1週間を切りましたね!準備も大詰めです…!!
メインストリートの木々も青々と色付き、夏へと近づいている感じがしますね。

さて、今回は北大祭の中でも圧倒的な人気を博す留学生の祭、
“International Food Festival(IFF)”に迫ります!
そこで、IFFを運営するHUISA(北海道大学留学生協議会)代表のDeepuさんにお話を伺いました。

◆Self-introduction -自己紹介-
I’m Deepu. I’m from India, and I’m doing my PHD here in Hokkaido University. Doctor course PHD in chemical biology, laboratory of advanced life science. I came here for 2 years and 6 months. About Hokudaisai, I will be attending for my 3rd time, as part of International side.
I like Tempura and Soba. Udon. Spicy ramen. It’s very great to be in Japan. More than anything, I like Japanese people. Polite, kind, very nice.

Deepuです。インド出身で、ここ北海道大学のPHDです。
生命科学院で生物化学を専攻しています。北海道大学に来て2年半になります。IFFに参加できて嬉しいです。1年目は文化事務官として、2年目は副代表として、今年でIFFの運営に携わるのは3年目になります。
てんぷら、そばが好きです。うどん、辛いラーメンも好きです。日本に住んでいるって素晴らしい。なによりも、日本人が好きです。礼儀正しくて、優しくて、親切です。

◆What’s IFF? -IFFとは?-
We have more than 26 tents, including HUISA tent. From Azerbaijan, Nepal, Pakistan, most Asian countries and Europe, Latin… most of countries are participating in Hokudaisai. We are not aware of many Japanese foods, and so we are happy to join Hokudaisai to exchange culture with Japanese people. Hopefully it will be more fun and enjoying.
We have 6~8 people in Zumba. Most are international people, some are Japanese. It’s for fun. From that group, as a part of HUISA, we are trying to take part as IFF for the first time. Anyone can enjoy our dance, and please come and visit.

HUISAテントを含めて、26の模擬店があります。アゼルバイジャン、ネパール、パキスタン…アジアの国のほとんどと、ヨーロッパ、ラテンなどの国が北大祭に参加しています。私たちは日本の料理をあまり知らないので、北大祭に参加して日本の人たちと文化交流をするのが楽しみです。IFFを楽しくてワクワクするようなものにしたいですね。
また、ステージで行われるズンバダンスには6~8人参加します。ほとんどが留学生ですが、日本人もいます。そのグループから、IFFとして、初めてステージに参加します。どなたでも楽しめるダンスですので、ぜひご覧ください。
※ズンバダンス…コロンビア出身のスポーツインストラクター、ピート・ペレスが開発したダンスエクササイズのこと。

(ズンバダンスは6月3日(金)18:00より、高等教育推進機構前特設ステージにて出演していただきます。ぜひご覧ください!!)

◆Highlights of IFF -IFFの見所-
Different country people, come together in one event. That is one of the highlights. You cannot find what we cook here in Sapporo, especially in Hokkaido. Most of the people, especially Japanese people, are not able to get out. They do not have the opportunity to taste good food from around the world. If any visitors came here, they can taste any country’s food.

IFFの見所は、色々な国の人が1つのイベントとして集うところです。IFFでの料理は、札幌、特に北海道では見つけることができません。ほとんどの日本人はなかなか海外に行きづらく、世界中の美味しいものを食べてみる機会があまりありません。来場者がIFFを訪れれば、どんな国の料理も食べることができます。

◆Message to Visitors –来場者へひとこと-
I have only one message. Please come for 4 days. Please enjoy whatever you like. Which country you like, it doesn’t matter if you like this one or that one. You have to eat, complete, and enjoy 4 days. With a big smile.

メッセージは1つだけです。4日間来てください。なんでも好きなもの、好きな国を楽しんでください。どの国でもかまいません。IFFを味わい尽くして、4日間を楽しんでください。最高の笑顔で!

IFF記事用

代表のDeepuさんはとっても陽気な方で、話していて元気がもらえました。
ちなみに北大祭期間中はIFFの「Indian Curry shop」というテントでチキンカレー、サモサ、チャイやラッシーを売っているそうです。お時間がある方はぜひ立ち寄ってみては?

今回のインタビューでは留学生の祭、IFFに迫りました。
世界のいいところを丸かじりできるIFFをお楽しみに!

文責:竹生陽介