「部署を超えた活動!!」作るぞ!立て看板制作

こんにちは!北海道も春の陽気に包まれてきました

広報部1年ブログ担当の明石です。

 

今回は“部署を超えた活動!!”立て 看板制作についてお伝えしたいと思います。

 

立て看板制作とは北大祭事務局の中から様々な部署、担当の人が集まり

北大祭期間中の来場者、学生両方の道しるべとなる立て看板を作ることを指します!

 

普段は部署ごとに集まって作業や準備を進めることが多い事務局員ですが

立て看板制作は関わることの少ない担当とも仲を深めることができる貴重な機会です。

 

 

初めに北大祭期間中に見られる様々な立て看板について簡単に説明をしたいと思います。

 

立て看板には

  • 模擬店のPRをする看板
  • 企画の紹介をする看板
    企画に向かっている方や初めてその企画を知った方を案内します。
  • 道案内や周辺のガイドをする看板
    北大祭では3つのエリア毎に周辺の案内をする立て看板があります。
  • 禁止事項や諸注意のお知らせをする看板
  • ただただ面白さを追求する看板‼

等の種類がありその他にも多岐にわたる内容の立て看板があります!

 

お酒、煙草ダメ、ゼッタイ!

 

 

それでは立て看板制作の工程について説明します!!

 

立て看板制作はデザインの作成に始まります。

今回は先輩たちが予めデザインしてくれたものを制作しました。

 

デザインを紙に印刷し、貼り合わせ大きな1枚の紙にします。

それを立て看板に貼り、デザインの確認をします。

 

紙と立て看板の間にトレーシングペーパーを挟み、デザインを転写します。

綺麗に転写できているかどうかは紙を剥がすまでのお楽しみです。

 

綺麗に転写できていたら、次は立て看板の出来を大きく左右する彩色です。

 

1つのミスで作業が大幅に増えることもあるので、慎重に塗っていきます。

 

塗った後も乾く前に触れることがないよう細心の注意とワクワクを胸に、待ちます。

 

 

完成したものがこちら!!

 

ふっとう君の笑顔が眩しいです。

 

制作が終わりキメる新入局生達。

 

 

立て看板は広報物の中でも特に大きいもので遠くからも目に留まり、更に北大祭の印象を決定づけるものと言っても過言ではありません。

 

普段私たちが見慣れた北大も立て看板で演出されることで、いつもと違った祭り特有の楽しい雰囲気に一変します!!

 

皆さんも北大祭に訪れた際には自分のお気に入りの立て看板、フェイバリットをぜひ見つけてください!

 

以上絆を深める準備作業、立て看板制作についてでした!